桃谷中央商店街ヒストリー

JR環状線の桃谷駅下車、すぐに始まる桃谷商店街のほぼ中央から先、途中で車の通る猫間川筋までの商店街が私たちの桃谷中央商店街です。昭和41年4月、当時の役員さんのご努力により正式に商店会として発足し、その後,まざまな経済環境の変化の中を生き抜いて今日まで発展してまいりました。

 戦前からこの辺りは、桃谷駅前通りとして、通勤や通学などで人通りのある筋でした。戦時中は、一時期今の疎開道路までの区間で強制立退きがありましたが、終戦後の復興期には、商店が復興してきて商店街らしき風情を取り戻しました。鶴橋駅前とともに近場の買い物街としてお客様で賑っていました。この頃に、店舗数も出揃い、商店街としてさらに発展させるため、商店会としての組織化がなされました。